2017年4月14日金曜日

SILENT BLUE "静かな刻 "

名古屋学芸大学 映像メディア学科 9名の学生と教員あわせて10名が、青写真・日光写真とも呼ばれる古典写真技法のサイアノタイプを用い各々が思う“静かな刻”をブルートーンで表現します。印画紙には「豊田市和紙のふるさと」にて自ら漉いた和紙を使い薬品の調合、焼き付けまで全て手作業で制作いたしました。約30点の作品と、来場者に写真技法を身近に感じてもらうため、使用した薬品や資料も合わせて展示します。楮の複雑な繊維で出来た紙と薬品の科学反応によるインクジェットでは味わえない、独特な風合いをもつ深い青色の世界をお楽しみください。

サイアノタイプ写真展「SILENT BLUE " 静かな刻 "」 

スクリーンプリントプロジェクト メンバー
小山 智大(教員) / 伊藤 志帆 / 伊藤 利里子 / 沖田 有美 / 竹内 明日香 / 西川 恵介 / 服部 実優奈 / 深谷 是日人 / 南 亮太郎 / 岩本 憲昌

会場 :名古屋市民ギャラリー矢田 第7示室
住所 :東区大幸南1-1-10カルポート東3階
名古屋市営地下鉄名城線ナゴヤドーム前矢田駅下車、1番出口徒歩3分
会期 : 2017年5月9日(火)-14日(日)
時間 : AM10:00~PM7:00 ※最終日はPM5:00まで

入場無料


0 件のコメント:

コメントを投稿